Q&A

  1. ホーム
  2. Q&A

よくいただくご質問

無痛治療についてのご質問

Q1. 歯科恐怖症です。でも最近テレビで、虫歯菌が身体全体に影響を及ぼすことを知り、ぜひ治そうと思っているのですが、こんな怖がりの患者でも大丈夫でしょうか。

A1. きっかけは色々ありますが、歯医者に対して恐怖心を抱かれる患者さんは多数いらっしゃいます。現在一部の歯科医院では、インフォームド・コンセントを重視し、患者さんに十分に説明を行い、同意の上で治療していくように変わってきています。当院でも、できるだけ患者さんに分かりやすく説明を差し上げ、納得いただくようにしています。やはり虫歯をそのまま放置してしまうのが一番良くない事だと思います。いつでもご相談ください。

Q2. 痛くない歯医者さんを探していました。麻酔しても削るときも、痛みはありませんか?

A2. 当院では、極力、麻酔時や治療時に痛みを軽減出来る様には心掛けています。ただ、元々痛みがある歯や、かなり深い虫歯の場合は、麻酔が効きにくい事がありますが、麻酔を追加して、痛みのないようにしてから治療をしていきます。また、痛みに関して、その方の感じ方にもよって変わってきます。担当医師とよく相談し、納得をされたうえで、安心して治療をされる形がいいでしょう。

Q3. 3Mixの治療を受けたいのですが、していますか?お値段はいくらくらいですか?

A3. 現在3Mixを用いた治療は行っております。すべての治療に使用しているわけではないですが、3mixを用いた方が最適な場合は使用する事もあります。その場合でも特別な料金をいただくことはなく、保険診療の値段だけで行っております。


インプラントについてのご質問

Q1. インプラントの長所と短所を教えてください。

A1.
【長所】
・顎の骨に固定する治療法なので、天然(自分の)歯と同じような感覚で噛むことができます。
・まわりの歯を削る必要がありません。
・入れ歯にした場合に必要な留め金や余分な構造物がないため、見た目が天然(自分の)歯に近く、入れ歯を入れた時に感じる「しゃべりにくい」といったことがありません。
・失った歯の部分の顎(あご)の骨が痩(や)せるのを防ぎます。
【短所】
・インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要です。そのため、体にいろいろな病気がある場合には治療できないことがあります。
・インプラントを長い間使うためには、十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。
・インプラントは保険がききません。したがって、高額な費用がかかります。費用は各医院によって異なりますので、主治医とよくご相談下さい。

Q2. インプラントの手術は痛くないですか?

A2. 局所麻酔をして行いますので、手術中の痛みはほとんど感じません(歯を抜くときの痛み程度と考えてください)。

Q3. ブリッジのところをインプラントに変えることができますか?

A3. ブリッジ部分の欠損の所に、インプラントを入れることは可能です。そして、欠損部はインプラントで歯をつくり、土台に使っていた歯はセラミックを冠せると歯も長持ちします。

Q4. インプラント治療にかかる期間はどれくらいですか?

A4. インプラント治療とは、人工歯根と顎の骨が結合して、はじめて本当の歯の様に使用できるものなので、治癒期間が必要となってきます。治療期間は、骨の状態や量などでかなり左右されますが、3ヶ月~1年程度を必要とします。通院回数は最低でも6回は必要になります。その後、数ヶ月おきの検診が必要です。

Q5. インプラント手術は誰でも受けられますか?

A5. 医師の指導のもとにコントロールされていれば、ほとんどの人が受けられますが、心臓病・糖尿病・妊娠中の方は、受けられない場合がありますのでご相談下さい。

Q6. インプラントはどのくらいもちますか?

A6. たまに、歯科医師で「一生もつ」などと言われているのを聞きますが、これは正確な情報ではありません。確かにインプラント治療を受けて20年以上変わらずに過ごしている方もおられますが、世界一の長寿国日本では50歳で治療を受けても、平均寿命まで30年以上あります。インプラントの寿命は治療のレベルと患者さまの全身状態にも左右されます。しかし、きちんとした治療を受けメインテナンスを行えば、相当な長期間もつことは確認されています。


ご予約・お問い合わせはこちら

052-781-9848052-781-9848

WEB予約  >>

診療時間 日・祝
 9:00~12:00 - -
14:00~18:30 - -
PAGE TOP